就職活動@マレーシア

初めての海外就活〜マレーシアで就職する方法〜

こんにちは、マレーシアに来て6ヶ月が過ぎました。マレーシアの生活にもすっかり慣れ、クアラルンプールの住み安さを実感しています。

私は今回が人生で初めての海外就職です。クアラルンプールで生活する!と決めたのは偶然が重なった結果という感じでしたが問題なく生活できます。

今回はこれからマレーシアで仕事見つけて生活してみたい!と考えている方に私の実体験や周りの同僚の経験談などをご紹介したいと思います。初めて海外就職しようとお考えているかたの参考になれば幸いです。



なぜマレーシアで働こうと思ったか?

きっかけ

 セブに英語の短期留学として繰り返し訪ねているうちに海外で生活したいと強く思うようになりました。最初は馴れ親しんだセブで就職先をさがしたのですが、求人が少なくお給料も、、、。どうしようかと悩んでいる時に、父が「知り合いがいるからマレーシアに行ってみたら?」と勧めてくれたことがきっかけです。

マレーシアで働くことを選んだポイント

英語が一応公共語

私にとってはこのポイントは必須でした。

お給料が妥協出来る範囲

マレーシアはビザの関係で日本人の最低賃金(RM5000)が保証されています。物価か安いので貯金は出来ます。

所得税が安め

非居住者のうちは28%の所得税が取られますが、居住者なると給料によりますが14%程度です。(マレーシア人と同率です)

求人も多く、ビザが取りやすい

会社によりますが大学新卒で就業経験がない人もビザを取得して働いています。

祝日が多い

2018年の場合、日本16日、マレーシア (クアラルンプール)は21日。今年は選挙があり通常より祝日が多いです。

海外就活の為にした準備

実際にクアラルンプール を訪問する

一度もクアラルンプールを訪問したことがなかったので、住める環境か食べ物は自分に合うか、物価はどの位かを調べる為に行きました。同僚にはクアラルンプール未訪問で就職した強者もいますが、実際に自分が住める環境かは行かないと分からないと思います。

会社によりますが、1年未満で辞める場合ペナルティを払う場合があります。なので一度は訪問することをお勧めします。

エージェントに登録する

※エージェントは仕事を紹介してくれて、面接日時の調整から給料の交渉をしてくれる会社です。

海外の就職サイトから直接企業の求人に申込むこともできますが、エージェントに登録した方が色々スムーズに進みます。

複数のエージェントに登録することをおすすめします。エージェントごとに持っている案件が変わりますので。また、エージェントに登録する際に履歴書(日本語と英語)が必要になります。

下記が有名なエージャントです。

ビザ取得の為の情報収集

エージェントからも言われると思いますが、ビザの申請の為に最終学歴の大学(院)の卒業証明書成績表が必要になります。スキャンしたデータで提出するので1、2部あればいいです。

早めに取得しておくことをお勧めします。ビザの申請には時間がかかるので必要な書類は予め用意しましょう。

英語での面接の準備、履歴書の作成

エージェントに登録する際に日本語と英語の履歴書が必要になります。私はオンライン英会話スクールを利用していたので先生に添削や面接の練習をしてもらいました。海外サイトの履歴書(レジュメ)の書き方やyoutubeを参考にしました。

英文履歴書と英語の面接 〜英語が苦手な私が実践した方法〜海外での就活を始める第一歩は英語での履歴書の作成だと思います。これを1つ作ってしまえば、あとはエージェントに送って面接の連絡を待つだけで...

 仕事の探し方

 私はクアラルンプールに下見に訪問した際に、エージェント数社で登録し、求人も紹介してもらいました。

エージェントに訪問した時に英語のスキルチェックなどもありました。と言ってもローカルの社員さんと英語で会話する程度でした。

エージェントに登録するとメールで求人情報が送られて来ます。気になる求人があれば申込み面接日時を調整してもらいます。事前にエージェントのサイトから気になる求人を見つけておいて聞くのもいいです。

英語が得意な方は海外の求人サイトに情報を登録して応募する方法もあります。

 

サイトに表示されている求人でもすでに決まっていたり、募集が止まっていることもよくあります。こればかりはタイミングなので焦らず、希望の求人を待ちましょう。

仕事が決定するまでの流れ

面接 

求人に応募→オンラインでの英語・タイピングテスト(コールセンター職の場合)→オンライン面接数回→採用

 こちらの採用の流れは会社にもよりますが、スカイプ等のオンラインでの面接が1〜2回あり決まることが多いようです。私は1回のみで、面接の前に会社から質問事項が送られて来ました。なので面接対策は簡単でした。

面接では提出してある履歴書についての質問を必ずされると思います。特に過去の職歴など。これは履歴書を書く時に自分で話しやすい英語で書いておくといいです。

合否結果

結果ですが、割とすぐ連絡が来ます。周りの友人達もそうでした。

採用の場合は今週中に返事をしてと急かされるのですが、他にも選考中だったり気になる求人があればそのように伝えれば会社によりますが待ってもらえます。

給料交渉

提示された給料が少ないと思ったら、エージャントを通して給料交渉をしましょう。私は提示金額が低かったので交渉しました。その為にも大体の給料相場を求人案件から見ておくといいです。外資系の方が給料は良いと思います。

就職を決めた後

就職する意思を伝えると、ビザに必要な書類(卒業証明書成績表パスポート全ページのスキャンデータ)を送るように言われます。また会社から雇用契約書のデータが送られて来ますので、Google 翻訳を使ったりじっくりと読んだほうがいいです。 

必要な書類を送り、雇用契約書にサインをしてメールで送ります。

あとは会社がビザの手続きをしてくれて、ビザの許可が降りたらマレーシアに行きます。私の場合は、突然会社からビザが許可が降りたから2週間後に来てくださいと連絡が来ました。書類の提出から1ヶ月半ほどかかったと思います。

マレーシア入国

マレーシアに入国する時は片道の航空券で大丈夫です。イミグレで会社から送付された就業ビザの書類を見せれば入国できます。ビザ自体は入社してから会社にパスポートを渡して手続きしてもらいます。

私は仕事開始日の前日にクアラルンプール に来ました。最初は会社近くのコンドミニアム( 日本でいうマンション)の一部屋をairbnbで2週間借りました。その2週間の間で家を見つけました。

クアラルンプール でコンドミニアムの賃貸物件を探す方法クアラルンプールの魅力の1つは日本では住めないような高級コンドミニアムに安く住める事でしょう。どのように家を探して契約したか、チェックポ...

私の会社はビザの許可が降りるまでは絶対にマレーシアに入国しないように念を押されましたが、ある企業は観光ビザ(90日間有効)で入国させて後から就業ビザを渡すということをしてるそうです。その際は一度マレーシア 国外に出ないと行けないですし、就業ビザなしで働くには違法なので注意しましょう。

実際に働いてみて思うこと

 マレーシアは一言で言うと、他人のことは気にならない国。

多民族国家なので私の在籍している会社にもマレー、中国、インド、韓国、中東、フィリピン、ベトナム、タイ等様々な国から働きに来ています。オフィスも街中もマレー語、英語、中国語、ヒンドゥー語、韓国語など様々な言語が飛び交っています。

日本人だからと注目されることなく、私は多民族の中のただの1人と感じることが多いです。友人の中には日本のようなしがらみがくて生きやすいという人もいます。

英語に関しては発音の訛りはありますが基本通じます。私はペラペラではないですが、間違った文法?で話しても理解しようとしてくれます。英語がネイティブな国で通じない時に見下される感じはないです。

クアラルンプールは初めて海外で働きながら暮らしたいと考えている人にはオススメの都市です。